起業のときに持っていたほうが良いスキルとは

  • 2016年10月25日
  • admin

簿記のスキルは基本になります

起業をしようとするときにはそれなりにスキルを持っていたほうが良いでしょう。簿記のスキルが今では必須になっています。つまりは、これは出来るだけ自分で帳簿をつけることができるようになる必要がある、ということになるわけです。そうなりますと専門の事務員を雇う必要性がなくなりますから、極めてお勧め出来ることになります。但し、これにも程度がありますから、良く認識しておきましょう。あくまでメインのスキルではないです。

伝手やコネを総動員すること

それこそ、人生の岐路にあるといっても過言ではないのですから、使える物はすべて使うようにしましょう。伝手やコネなどはフルに使うようにすることです。そうすれば安心して起業ができるようになります。これは別に恥じでもなんでもないのです。重要であるのは成功することであり、上手くすれば相当に稼ぐことができるような商売を始めようとしているわけですから、今までのすべての知識や伝手を活用するのは当然であるといえるでしょう。

車などの最低限の移動手段

どんな業種で起業をするのか、ということは色々とあるでしょうが最低限の移動手段は持っていたほうが良いでしょう。つまりは、車です。当然ながら運転免許も必須になりますから、これはしっかりと覚えておくと良いです。言うまでもありませんが、これも経費として計上できる部分になりますから、しっかりと帳簿をつけておきましょう。これによって、少しは経費を計上できるようになります。できることはすべてやっておくのがコツです。

フランチャイズ本部に加盟する時には契約書を良く読むことと、専門家に契約書を読んでもらい意見を聞くことです。

Comments are closed.