SEO対策のキーワード選びのポイント!探せば様々なキーワードが隠されているかも?

  • 2016年10月25日
  • admin

有名スポットがキーワードで隠されている可能性もある

一般的にSEOに対するキーワードは、扱いって入るサービスに関わるキーワードを探す事が一般的です。ただし、扱っていないサービス以外もキーワードを見つける可能性もありますよ。例えば、有名スポットの側にあるレストランであれば、有名スポットの近くにあるレストランと紹介しつつ、有名スポット名をSEO対策として候補に選ぶ事が出来ますよね。もちろん、この手法は、有名スポットに対する情報もホームページ内で紹介しておく事も大切です。この手法は、有名スポット以外にも駅名や地域名でも利用する事が出来ますよね。

商品の値段がSEO対策のキーワード候補に

一般的に商品を扱っているホームページのSEO対策の多くは、商品名などに対してターゲットを絞る事がほとんどですよね。ただし、ユーザーによっては値段を直接インターネットから入力されるかもしれませんよ。この場合は、直接扱っている商品の値段に対してSEO対策を行うのでは無く、5000円以下や1万円以下などのキーワードでSEO対策を行う事がベストですよね。お金に対する数字以外にも可愛いやカッコイイなどの形容詞なども候補として選ぶ事が出来ますよ。

関連性の無いキーワードを関連性のあるキーワードへ

一見関連性の無いキーワードでも、文章を工夫する事によって関連性を作り出して行く事も出来ますよ。例えば、カレーを販売しているお店であれば、レシピでは真似の出来ない美味しいカレーのタイトルのページに対して、カレーとレシピのキーワードをSEO対策用の候補として選ぶ事も可能です。ホームページは、アクセスをされて初めて効果を発揮しますよね。アクセス数が少ないキーワードであろうとも、競合の少ないあらゆるキーワードを探して、SEO対策を行う事で多くのアクセス数を稼ぐ事も夢ではありません。比較やお勧めなどのキーワードも、あらゆるジャンルでよく利用されていますよ。ただし、多くのキーワードをタイトルに詰めすぎる姿は違和感を与えかねません。違和感を与えない程度でSEO対策に臨む事も大切ですよね。

ホームページ作成とSEOは切っても切れない関係にあります。片方が不足していると、もう片方が完璧でも意味をなさないからです。

Comments are closed.