営業は自前で持つ?それとも外部に委託して効率化する?

  • 2016年10月24日
  • admin

新規顧客をどんどん獲得してくれる

会社の売り上げを上げる方法として、既存顧客に販売をする場合があります。確実に一定の顧客があり、新商品などをどんどん追加購入してもらえるとき、それなりに売り上げを上げることができます。しかし、同じものを一つの客に何度も売れないこともあります。すると顧客数が同じだとあまり売り上げを伸ばせません。営業代行サービスの中でも新規顧客に対するアポを集中的に行ってくれるところがあります。新規顧客開拓が苦手でも、売上アップに貢献してもらえますよ。

担当者が少ない時既存顧客のフォロー

販売を行う会社にとっては、営業職は重要な人材になります。しかし厳しい職種のこともあり、常に一定の人数を確保できるとは限りません。その時に問題になるのが、既存顧客に対するフォローができないことです。一人の担当者の負担が大きくなり、どうしてもフォローできないところが出てきます。すると顧客離れにつながることがあります。営業代行の中では、既存顧客に対してしっかりアポを取り、営業効率を上げてくれるサービスがあります。既存顧客離れを減らせます。

過去顧客をしっかり掘り起こしてもらう

顧客情報の中には、現在取引のある顧客と、かつて取引おあった顧客の情報があるでしょう。メインとしては現在の顧客に売り込みなどを行っていきます。過去顧客は、何らかの形でこちらのことを知ってくれていますから、新たに営業をするときの労力は少なくて済みます。ただし、顧客ではないので、あまり労力を向けられません。営業代行サービスのアポハンターの中には、過去顧客を積極的に掘り起こしてくれるサービスがあります。顧客を増やすチャンスが出てきますよ。

成功報酬型の営業代行は、派遣する会社により、人材の育成・教育に取り組み、他社へその人材を派遣して営業をかける現代のビジネス方法の一つです。

Comments are closed.