フランチャイズのメリット!?個人は成功することを前提に考えることが必要

  • 2016年10月22日
  • admin

脱サラしてフランチャイズ契約

脱サラを考える会社勤めの人もいます。全国展開を考えている企業は、そのような人に対して、自社のフランチャイズ店として出店し営業する内容の求人広告を掲載しています。ある程度のまとまった初期投資費用は必要ですが、掲載されているモデル収支を見る限りでは、発生するラインニングコストもペイした上で利益がでるようになっています。本店に対してはロイヤルティとして毎月定額、または売上の数パーセントを支払う契約のところが多いです。

ロイヤルティを支払うかわりにノウハウを得る

そのかわり、フランチャイズ店として有名な社名を使用することができます。また営業のノウハウを伝授してもらい使用することができます。例えば全国展開をしている学習塾であれば、フランチャイズ契約をして出店することで、地方でもその有名な学習塾の看板をあげて営業をすることができますし、指導方法をはじめとしたノウハウについても教えてもらえるために、本店と同じ授業を遠い地域においても実現することが可能になります。

フランチャイズ契約では成功することを前提に考える

本店としてもフランチャイズ契約をすることで全国展開も可能になります。ノウハウを教えることで投資費用も少なくて済むために、万が一生徒が集まらずに収支が赤字で出店を取り消すにしても影響を抑えることができます。一方では脱サラしてフランチャイズに営業をおこなう際には、そこで成功することを前提に考える必要があります。そのため出店したものの生徒が集まらない状況が続くようであれば契約が取り消されることもあるために慎重にマーケティングをおこなう必要があります。

代理店の募集を行うことで、スムーズにお仕事を進めることができます。代理店が広告塔の働きも兼ねますし、お客様とつながる為の御社の資金も少なくすることができます。

Comments are closed.